NTTドコモと東京海上日動、「保険レコメンデーションAI化」などの検討を開始

保険レコメンデーションAI化などの検討を開始
東京海上日動火災保険株式会社と株式会社NTTドコモは10月11日、「保険レコメンデーションのAI化」と「保険プロセスのフルデジタル化」に向けた検討を、包括業務提携に基づいて開始することで、同日に合意したと発表した。
両社はこれまで、2010年に合意した包括業務提携に基づき、顧客の安心に対する貢献を目的に、生活インフラとして定着した携帯電話と、「安心と安全」を提供する保険サービスとを連携させ、1日単位で契約できる「ドコモ ワンタイム保険」を提供、「ケータイする保険」を実現してきている。
これからは、保険の加入から受け取りまでの全プロセスを、顧客がスマホ上でオンラインにて完結し、「いつでも」「どこでも」「簡単」「便利」に手続きができるデジタル保険基盤の構築に向けた検討を行うという。
さらに、昨今頻発する広域自然災害時にも、この基盤が活用できるような各種サービスの導入も、併せて検討していくとしている。

状況や予算に合わせ最適補償内容や保険料配分を推奨

また、顧客の価値観が多様化する中、保険に対するニーズもさまざまに変化してきていることから、これに対応するべく、スマホを通じて個々の顧客に推奨する保険を、AIを活用して提示するサービスの実現に向けて検討を行うとのこと。
この内容としては、既存の保険商品の組合せだけでなく、顧客の状況や予算に合わせて最適な補償内容や保険料配分を推奨することを検討していて、2019年度上期のサービス開始を目指している。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
東京海上日動火災保険株式会社 プレスリリース
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/company/release/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:東京海上日動
(記事提供:スーパー・アカデミー)