メットライフ生命の「ドルスマート」、「ドルSmart S」に進化

1999年の発売より累計販売数87万件超、堂々の主力商品

メットライフ生命保険株式会社(以下「メットライフ生命」)は10月26日、同社の米ドル建て終身保険「ドルスマート」の保障を拡充、「ドルSmart S」と改称して発売すると発表した。
ドルスマートはメットライフ生命が1999年に発売して以来、累計販売件数が87万件を超える同社の主力商品の一つ。
今回の改定ではガンなどの三大疾病や介護状態になった場合に備える特約を追加した。現行の三大疾病に罹患した場合に保険料の支払いを免除する特約については、要介護状態も保険料免除の事由に加え、保障を拡充させた。
新商品の販売は、11月1日に開始する。

保険料の支払いは休業日もOK、為替手数料も引き下げ

メットライフ生命はさらに、新商品を含む外貨建て商品に関して、休業日でもコンビニエンスストアなどで初回の保険料を円で支払えるよう、サービスの利便性向上に努める。
また2回目以降、保険料支払いに付随する為替手数料の引き下げも行う。この手数料引き下げは、既に契約済みの顧客も対象となる。
メットライフ生命は今後もさらなるサービスの向上に努めるとともに、顧客が明るく豊かな老後を過ごせるよう、意識調査の実施や研究会の開催など、様々な取り組みを続けていく方針だ。
(画像はメットライフ生命公式ホームページより)


▼外部リンク
メットライフ生命 リリース
http://www.metlife.co.jp/about/press/2018/pdf/181026_02.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:メットライフ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)