日新火災、事業者向け統合賠償責任保険「ビジサポ」をより良い商品に改定

改定で、より安心でき、わかりやすく

日新火災は10月31日、事業者向け統合賠償責任保険「ビジサポ」を改定すると発表した。顧客にとってこれまで以上に安心でき、わかりやすい商品となるよう、補償を充実させ、特約ラインナップを整備するという。
改定した商品は、保険始期が2019年1月1日以降となる契約を対象に提供するとしている。

補償内容を拡充 商品設計を簡素化

今回の「ビジサポ」の改定では、補償内容の拡充と商品設計の簡素化が行われる。補償内容の拡充では、これまであった複数の任意特約の中から、ニーズの高い任意特約が基本補償に組み込まれる。
新たに基本補償となるのは、「情報漏えいによる損害賠償責任負担の補償」や、「管理財物に対する補償」、「事故発生時の初期対応費用等の補償」など。これにより補償内容が充実し、さらに安心できる商品になるとしている。
任意特約の一部を基本補償にしたことで、120程あった任意特約のラインナップは30程に整備され、商品設計が簡素化されてわかりやすくなった。また、基本補償のリスク区分は、政府労災に準拠した区分となった。
(画像は日新火災ホームページより)


▼外部リンク
日新火災・ニュースリリース
https://www.nisshinfire.co.jp/news181031.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)