明治安田生命 「豪ドル建・一時払養老保険」12月3日発売

豪ドル建てで資産を育てる

明治安田生命保険相互会社は2018年12月3日より「豪ドル建・一時払養老保険」を発売する。
オーストラリア通過は円に比べて金利が高く、今後も経済成長が期待されている。同商品はその豪ドル建てで、資産を育てることを目的とした一時払養老保険。
同商品は、シンプルな仕組みで分かりやすく、満期保険金が魅力的な養老保険。満期保険金額・(災害)死亡保険金額および解約返戻金額は豪ドル建てであり、契約日に確定し、保険期間中に予定利率が変更することはない。

満期後、最長で10年間据え置きできる

保険期間中の死亡保険金額・解約返戻金額は基本保険金額が上限となっており、契約当初の一定期間は、解約返戻金は基本保険金額を下回る。これにより、魅力的な満期受取率を実現した。
満期後の保険金は最長で10年間据え置くことができるため、為替レートの変動に応じて、それぞれが希望するタイミングで、豪ドルあるいは円で受け取ることができることも大きな実威力となっている。さらに、市場価格調整を行わないため、金利変動リスクがないこともポイントの一つとなっている。
(画像は明治安田生命HPより)


▼外部リンク
明治安田生命保険相互会社のプレスリリース
https://www.meijiyasuda.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:明治安田生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)