損保ジャパン日本興亜など、5G等を活用した複数台の遠隔監視型自動運転実証実験を実施

5G等を活用した複数台の遠隔監視型自動運転実証実験

損害保険ジャパン日本興亜株式会社など6社と国立大学法人名古屋大学は2月5日、この2月9日に愛知県一宮市にて、愛知県による「平成30年度自動運転実証推進事業」での自動運転実証実験を行うと発表した。
6社は、同社のほかアイサンテクノロジー株式会社、KDDI株式会社、株式会社KDDI総合研究所、株式会社ティアフォー、岡谷鋼機株式会社となる。
本格的な人口減少と少子高齢化を迎え、地域においても、高齢運転者の増加や移動手段の減少といった多くの社会課題が顕在化しつつあり、将来の移動手段を確保するために自動運転技術や5GといったICTの利活用が注目されている。
また自動運転の高度化により、買い物難民やバス・タクシー運転手不足に対する市民の移動手段としての活用や観光促進や車産業振興にもつながることが期待されている。
今回の実証実験では、次世代移動通信システム「5G」を活用したレベル4による複数車両の遠隔制御型自動運転を、国内で初めて一般公道にて行うこととしている。

5G搭載自動運転車の運転席を無人状態として自動走行

2台のうちの1台には、5Gを搭載した自動運転車の運転席を無人状態として自動走行を行うほか、自動走行に当たっては、遠隔にいる1名の運転手が2台を同時に監視し、緊急時には制御を行うという。
なお、各社は役割としては、アイサンテクノロジーが、事業統括とともに高精度3Dマップ更新と作成、アプリケーション作成、自動運転の実証を担当するほか、ティアフォーが自動運転ソフトウェア「Autoware」を提供する。
また、損保ジャパン日本興亜は、自動運転に関するリスクアセスメントと自動運転専用保険・サービスの開発検討を行うとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損害保険ジャパン日本興亜株式会社 プレスリリース
https://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/topics/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン日本興亜
(記事提供:スーパー・アカデミー)