損保ジャパン日本興亜など3社、インシュアテックソリューションの共同開発で合意

インシュアテックソリューションの共同開発で合意

損害保険ジャパン日本興亜株式会社は2月15日、株式会社ティアフォーとアイサンテクノロジー株式会社を含めた3社にて、国内全域での計画的かつ安心・安全な自動運転サービス実証を支えるインシュアテックソリューション「Level IV Discovery」の共同開発で合意し、同日に業務提携契約を締結したと発表した。
国を挙げての自動運転技術実用化が進められているが、地域の交通事情や道路状況を考慮した「運行設計領域(ODD、自動運転車が安全に走行できる範囲領域)」の設計など、自動運転技術を地域サービスとして実施するためには、多くの技術開発・ノウハウ蓄積・リスク分析と対策等の課題が残っているという。
そこで、ティアフォーとアイサンテクノロジーが得意とする自動運転技術・ノウハウと、同社のビッグデータを融合させ、国内一般道にて自治体や交通事業者が行う自動運転のサービス実証を、安心・安全を担保し計画的に実施することを目的としている。
業務提携の内容は、3社による「Level IV Discovery」の共同開発とともに、損保ジャパン日本興亜が自動運転実験車両と走行環境データ収集車両の複数台配備を行うこととしている。
なお「Level IV Discovery」は、完全自動運転技術を利用したサービス実証に必要な事故の予防・監視・補償の機能を満たしたインシュアテックソリューションとなる。

実用ソリューション提供は2020年後半開始予定

これは、万一の事態における被害者救済(事故の補償)のほか、計画段階の安全検証(事故の予防)とテクノロジーを駆使した走行中の安心見守り(事故の監視)を提供することで、現在の「事故に備えた損保」から「事故を防ぐ損保」に進化させることが狙いとのこと。
3社は今後、この業務提携を通じ「Level IV Discovery」のプロトタイプ開発を進め、2019年後半には試験提供を開始する。
その後、国内全域の自治体や交通事業者に向けた実用ソリューションの提供を、2020年後半に開始する予定とするほか、その他のパートナーとの連携も加速させ、完全自動運転技術の社会実装に貢献していくとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損害保険ジャパン日本興亜株式会社 プレスリリース
https://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/news/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン日本興亜
(記事提供:スーパー・アカデミー)