アクサ生命「ユニット・リンク保険(有期型)」を鳥取信用金庫にて提供開始

「資産形成」の変額保険、「ユニット・リンク」

アクサ生命保険株式会社は2月15日、鳥取信用金庫を通じて「ユニット・リンク保険(有期型)」の提供を開始することを発表した。
「ユニット・リンク保険(有期型)」は、平準払い型変額保険商品で、働き盛り世代の長期資産形成ニーズに応える目的で、2009年1月から販売されているもの。2018年2月からは新たに2種類の特別勘定を追加し、死亡保障と資産形成のニーズに幅広く応える商品へと強化された。
同商品では、積立金が低くても、死亡や高度障害状態になったときには、基本保険金額の死亡・高度障害保険金を受け取ることができる。さらに、満期保険金を年金で受け取るか、契約を一生涯の保障に変更するなど、受け取り方を自身で選択することができる。

長期間運用し、資産形成が可能

同商品に係る資産の管理、運用は、他の保険種類に係る資産とは区別し、独立して管理、運用が行われる。運用対象は加入者自身が、10種類から選択して組み合わせることができ、契約後に繰入割合の変更や積立金の移転などの変更も可能となっている。
また、変額保険販売資格を有し、アクサ認定変額保険アドバイザーに認定された専門のアドバイザーが、顧客一人一人に適した変額保険アドバイスを提供している。
(画像はアクサ生命HPより)


▼外部リンク
アクサ生命保険株式会社のプレスリリース
http://www2.axa.co.jp/info/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アクサ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)