オプト、損保ジャパン日本興亜のLINEを活用した「保険金請求サービス」機能拡充を支援

「保険金請求サービス」の機能拡充を支援

株式会社オプトは4月5日、損害保険ジャパン日本興亜株式会社が提供するLINEを活用した「保険金請求サービス」の機能拡充を支援したと発表した。
拡大機能の一つは、海外旅行保険のユーザーに提供(2018年10月から開始)している「LINE」の自動応答機能(チャットシステム)を活用した「事故連絡サービス」が、自動車・火災新種・傷害保険でも使用できるようになったもので、ユーザーは「LINE」にて24時間・365日、いつでも事故連絡が可能となっている。
また、ユーザーが保険金請求に必要な車の損害写真を撮影する際、チャットルーム上でカメラ機能が動作する「おくるま撮影サポート」サービスを開発したことで、スマホ画面上に撮影方法のわかりやすいガイダンスが表示され、ユーザーは簡単に損害額確認に必要な画像撮影ができるようになった。
さらに、チャットルーム内に「保険金請求情報入力フォーム」を開発、保険金請求に必要な入通院情報・振込口座などの情報を専用フォームにまとめて登録することができることで、ユーザーは保険会社との電話でのやり取りや書類作成が不要となり、チャット上で保険金請求を完結できるという。

「大規模自然災害時のメッセージ配信」サービスも提供

このほか、「大規模自然災害時のメッセージ配信」サービスとして、「LINE」による事故連絡の案内や有用情報の配信を行い、電話が繋がり難い場合でも事故連絡から保険金請求までをスムーズに行うことが可能になるとしている。
なお、同サービスの開発には、引き続き同社が提供するLINEのMessaging API配信ツール「TSUNAGARU」を利用し、さらなる利便性向上を図ったという。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
株式会社オプト プレスリリース
https://www.opt.ne.jp/news/service/detail/id=4673
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)