アニコム損保、「神奈川県動物愛護センター ふれあいホール」のネーミングライツ取得

愛称は「アニコムふれあいルーム」

アニコム損保は4月23日、神奈川県と「神奈川県動物愛護センター ふれあいホール」のネーミングライツ契約を締結した。
これにより、契約期間中の「ふれあいホール」の愛称は「アニコムふれあいルーム」となることが決定した。契約期間は2019年6月1日から2024年3月31日まで。
同社では動物愛護に役立つ活動をしようと、2012年にグループ会社横断のプロジェクト「PAW(Project Animal Welfare)」を発足させ、活動を続けている。今回、動物愛護センター内ホールのネーミングライツを取得したことで、同社はさらに動物愛護活動を進めていくとしている。

「神奈川県動物愛護センター」6月開所予定

神奈川県では、平塚市に6月、県内地域(横浜市・川崎市・横須賀市を除く)の犬・猫を保護し、譲渡や動物愛護の普及啓発を行う「神奈川県動物愛護センター」の開所を予定している。
同センターが動物愛護の拠点として県民に親しんでもらえるよう、県では、同センターの、ふれあいホール、WANルーム、NYANルーム、グルーミング室、の4つの部屋のネーミングライツパートナーを募集していた。
(画像はアニコム損保 ホームページより)


▼外部リンク
アニコム損保 ニュースリリース
https://www.anicom-sompo.co.jp/news_0190425.html
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アニコム損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)