チューリッヒ、少額短期保険の新商品「ミニケア賃貸保険」の販売を開始

チューリッヒ少額短期保険が「ミニケア賃貸保険」発売

チューリッヒ保険会社は5月13日、チューリッヒ少額短期保険株式会社の募集代理店として、「ミニケア賃貸保険(正式名称:賃貸家財総合保険)」の販売を、この5月8日から同社ウェブサイトにて開始したと発表した。
チューリッヒ少額短期保険の最初の商品となる「ミニケア賃貸保険」は、賃貸生活に必要な補償だけをまとめたもので、保険料も年間3,610円からと、お得な設定となっている。
同商品の特長は、予期しない事故で借りている部屋に住み続けられなくなった場合に、復旧までの当座の生活資金として「生活再建費用保険金」10万円(1回の事故につき)が支払われることとなる。
これには、家財補償の対象となる盗難以外の事故によって、飲み水や電気・ガスの供給が停止するか排水設備が使用できないなどの状態が30日以上続いたとき(30日以上続くという事実が確認できる場合を含む)、および借りている部屋の室内を修復するために30日以上その部屋で暮らせない場合が該当するという。

申込みや契約内容変更手続きもインターネットで完結

この加入手続きは、ウェブサイト上で契約者の年代と入居人数の2つの質問に答えるだけで簡単に見積りができ、申込みや契約内容の変更手続きもインターネットで完結できる。なお、支払いはクレジットカードだけとなっている。
また今後、事故受付や保険金支払い手続きも、ウェブサイト上でこれまでにない簡便な方法で行えるサービスを提供する予定という。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
チューリッヒ保険会社 プレスリリース
https://www.zurich.co.jp/aboutus/news/release/2019/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:チューリッヒ
(記事提供:スーパー・アカデミー)