損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、企業対抗の歩数対決イベント開催

日本初のウェアラブル端末活用
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社は5月10日、日本初となるウェアラブル端末を活用した企業対抗の歩数対決イベントを開催することを発表した。
対戦相手は株式会社電通となり、期間は2019年5月20日~5月24日の5日間となる。
この取り組みは、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社と株式会社電通がともに導入しているフィットネスウェアラブル端末Fitbitを活用したもので、Fitbitから得られる従業員の活動量データを集約する「Fitbit Group Health」をもとにそれぞれの前月同時期と比較した歩数の伸び率を競うとのこと。
健康応援企業として
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社は顧客が健康になることを応援する「健康応援企業」への変革を目指している。
そのためにまず、社員一人ひとりとその家族の健康維持・増進が不可欠であると考え、企業の「健康経営」を実践。Fitbit Group Healthの採用もその一環で、わかりやすくモチベーションが続くかたちで社員の健康を推進している。
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社は同じシステムを採用している株式会社電通とイベントを開催することにより、社内のFitbit活用の活性化および社員の健康意識の更なる向上につなげていきたいと考えている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社ニュースリリース
https://www.himawari-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)