メットライフ生命、今年も「ワンダラー・ドネーション」

新規契約1件ごとに1ドルの寄付金を積み立てる

メットライフ生命は「ワンダラー・ドネーション」で、総額2695万1506円を7月24日にMake-A-Wish日本支部など4団体に贈呈したと発表した。
「ワンダラー・ドネーション」はメットライフ生命の社会貢献プログラムで、同社のコンサルタント社員や代理店が新規契約1件につき米ドルで50セント相当を拠出し、同社がマッチングを行う。今回贈られた寄付金は2018年の1月から12月にかけて積み立てられた。
この取り組みによって2006年の開始以来、累計4億6531万円が寄付され、難病と闘う子どもたちの夢をかなえる活動や、がん研究・治療、盲導犬の育成、児童養護施設で育った子どもたちの進学支援などに役立っている。

人々が安心して暮らせる世界を求めて地域社会に貢献

「ワンダラー・ドネーション」はメットライフ生命のコンサルタント社員や代理店による、日々の営業活動と社会貢献への熱い思いが形となっている。
メットライフ生命はこれからも地域社会に貢献する活動に積極的に参加し、誰もが安心して暮らせる世界を築く一助となることを目指していく。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
メットライフ生命 リリース
https://www.metlife.co.jp/about/press/2019/pdf/190802.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:メットライフ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)