AIG損保、業界初の個人火災保険金支払い方針を導入

損害保険金の見込み額の最大50%を支払い
AIG損害保険株式会社は8月9日、業界初の新たな保険金支払い方針を導入したことを発表した。
これは個人向けの火災保険において確実に保険金の支払い対象となると判断された事故に関して、損害調査を行った初期の段階で保険金の一部前払いを行うことで、建物や家具等の財産が受けた損害保険金から算出した支払い見込み額の最大50%までを上限とする。
この方針を導入するのは日本の損害保険業界においては同社が初となる。導入は2019年8月13日からとなり、最短10日ほどで支払われるため自然災害発生時の早期生活再建の大きな支援となる。
企業向けだけでなく個人にも
AIG損害保険株式会社は、企業向けの火災保険において保険金の前払い方針をすでに導入しており、豪雨被害や台風被害といった大規模な自然災害が発生した際の復旧・事業継続などに活用されてきた。
同社ではこの方針を個人向け火災保険に拡大することで、顧客ひとりひとりをより細やかに支えていきたいとのこと。また、企業向け火災保険においても対象損害規模を1億円程度から2,000万円程度に引き下げることで、被害にあった際の中小企業の経営支援をさらに強化していきたいとのことである。
また、同社ではこのように顧客目線に立ってシンプルに分かりやすい商品やサービスを届けるだけでなく、同社ならではの先進性を活かし、より価値のある新商品・サービスの実現を進めていきたいとの意欲を示している。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
AIG損害保険株式会社ニュースリリース
https://www.aig.co.jp/sonpo/company/press201901/20190809-01
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)