明治安田生命、堺市との地域活性化包括連携協定を締結

知見やノウハウを提供
明治安田生命保険相互会社は10月11日、堺市と地域の活性化に関する包括連携協定を締結したことを発表した。
この協定の締結を通じて同社では、今後、堺市のすすめる諸施策に保険事業や社会貢献活動等を通じて培った知見やノウハウを提供。
また、同社の堺市内における1支社3営業所の営業網や全国規模のネットワークを活用することにより、広くさまざまな連携を強化。堺市とともに地域社会の発展に取り組んでいきたいとのことである。
健康支援などに注力
明治安田生命保険相互会社が締結した堺市との地域活性化包括連携協定では、大きく3点の連携事項を定めている。
中でも、健康づくり支援に関しては、健診の受診率向上に向けた取り組みや子どもの健全育成に向けた取り組みはもちろん、同社がすすめている「みんなの健活プロジェクト」と連携した取り組みを予定している。
また、同社が行っているJリーグやJクラブといったJリーグパートナー企業と協働で実施する健康づくりなどを通じて、地域の活性化や住民サービスの向上につとめていく予定である。
(画像は明治安田生命保険相互会社ホームページより)


▼外部リンク
明治安田生命保険相互会社ニュースリリース
https://www.meijiyasuda.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:明治安田生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)