損保ジャパン日本興亜、「運転シミュレーター」を開発

高齢者の運転寿命延伸を支援
損害保険ジャパン日本興亜株式会社は10月16日、高齢者の運転寿命延伸を支援する「運転シミュレーター」を開発したことを発表した。
開発は株式会社セガ・ロジスティクスサービスと共同で行われ、シミュレーターにより運転に関する認知機能や運転技能を診断・トレーニングできる。同社ではこれにより高齢者の事故の削減を目的としており、提供は2019年12月開始を予定している。
近年、高齢ドライバーによる事故は増加しており、その残酷さ等から高齢者の事故の削減は社会的に重要な課題となっている。
同社では、高齢ドライバーによる事故を未然に防ぐためには運転者自身が自分の運転に関する認知機能や運転技能の状態を把握し、トレーニングなどを通じて安全に運転できる状態を維持していくことが重要と考え、同シミュレーターの開発を行ったとのこと。
「運転シミュレーター」とは
損害保険ジャパン日本興亜株式会社が開発した「運転シミュレーター」には、診断機能とトレーニング機能が搭載されている。
認知機能・運転技術の診断としてはシミュレーターを用いて運転を実践し、その結果をもとに危険予測や判断力・記憶力といった認知機能のレベル、そして操作の正確性や反応速度といった運転技術のレベルがチェック可能。
これにより、自身の結果を「運転脳年齢」「運転技能分析」としてわかりやすく可視化することができる。
またそれに基づき、さまざまな運転シーンを繰り返しトレーニングすることで、記憶力や判断力・反応力を鍛え、実際の車を運転する際に事故防止意識を高めることができる。
同社ではシミュレーターを多くの人に利用してもらうことで高齢者の事故の削減と安全な車社会の実現を目指していきたいとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損害保険ジャパン日本興亜株式会社ニュースリリース
https://www.sjnk.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン日本興亜
(記事提供:スーパー・アカデミー)