山岳地帯で救援者費用保険 au損保と博報堂アイ・スタジオが業務提携

「GREEN PROTECTION」を提供開始
au損保は12月5日、博報堂アイ・スタジオと業務提携し、山岳地帯で救援者費用保険を適用する新サービス「GREEN PROTECTION」の提供を開始すると発表した。
今回のサービスは、携帯電波の届かない場所でも位置情報を収集して一元管理できるという博報堂アイ・スタジオのサービスTREK TRACKに損害保険を組み合わせたもの。
近年の山岳地帯のアクティビティ人気に伴い、救助費用の増加が課題となっていることから、これまで煩雑だった損害保険の加入を簡素化した。
新サービスでは、現地でTREK TRACKのデバイスをレンタルするだけで、国籍を問わず救援者費用保険が適用される。また新サービスの売り上げの一部は、一般社団法人 Protect Our Winters Japanに寄付され、雪山保全活動に役立てられる。

サービス概要

「GREEN PROTECTION」の補償内容は、救援費用の上限1,000,000円、死亡保険金500,000円。
サービスは2019年12月23日から順次開始。提供場所は、キロロリゾート マウンテンクラブ、長野県・八方池山荘、新潟県・かぐらスキー場。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
au損保 ニュースリリース
http://www.au-sonpo.co.jp/corporate/news/detail-219.html
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)