明治安田生命、足立区と「健康増進と暮らしの向上に資する包括連携協定」締結

健康づくりや地域の安全・安心、青少年の健全育成など

明治安田生命保険相互会社は2019年12月25日、足立区との間に「健康増進と暮らしの向上に資する包括連携協定」を締結したことを発表した。
同協定の締結により、明治安田生命は、足立区が進める諸施策に対して、同社が保険事業や社会貢献活動などを通じて培ってきた知見やノウハウなどを提供していく。
主な連携事項としては、「健康づくりに関すること」、「地域の安全・安心に関すること」、「交通安全に関すること」、「環境・美化に関すること」、「青少年の健全育成に関すること」の5項目が挙げられている。

「みんなの健活プロジェクト」とコラボなど

具体的には、「健康づくりに関すること」では、足立区が推進している糖尿病対策「あだちベジタベライフ」と明治安田生命の「みんなの健活プロジェクト」とのコラボレーションを通じた、地域の健康づくりの推進や、「青少年の健全育成に関すること」では、「FC東京」や「東京ヴェルディ」などのJリーグクラブと連携し、小学生を対象としたサッカー教室の開催などが予定されている。
また明治安田生命は、足立区内の営業網はもちろん、全国で1000を超える拠点や4万人超の従業員を活用し、関係各方面との広範にわたる連携を強化して、足立区とともに地域社会の発展に取り組んでいくとしている。
(画像は明治安田生命HPより)


▼外部リンク
明治安田生命相互会社のプレスリリース
https://www.meijiyasuda.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:明治安田生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)