太陽生命、岐阜県岐阜市と「健康づくりに関する連携協定書」締結

クアオルト健康ウオーキングなどで協働

太陽生命保険株式会社は2020年2月13日、岐阜県岐阜市と「健康づくりに関する連携協定書」を締結したことを発表した。
これは、太陽生命と岐阜県岐阜市が、「クアオルト健康ウオーキングの普及に関すること」、「がん検診の普及に関すること」、「その他健康づくりに関すること」に関して連携を行うというもの。
同連携協定書に基づき、岐阜県岐阜市が推進する「クアオルト健康ウオーキング」をはじめとした事業において協働しながら、地域社会の健康づくりを進めるとしている。

「太陽生命クアオルト健康ウオーキングアワード2018」で優秀賞を受賞

岐阜県岐阜市は、「太陽生命クアオルト健康ウオーキングアワード2018」において優秀賞を受賞しているほか、「医療・健康立市」を掲げ、ウオーキングの推進やまちなかの歩行環境整備を始めとする、さまざまな健康施策を展開している。
「クアオルト健康ウオーキング」とは、ドイツのクアオルトで活用されている、気候性地形療法の手法やコースの基準を基本とし、日本の自然環境や聞こうに適合させ、路面の傾斜や変化、安全対策などに配慮した運動指導。
太陽生命は、2016年より「太陽生命クアオルト健康ウオーキングアワード」による表彰をスタートさせ、クアオルト健康ウオーキングの普及に一役買っている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
太陽生命保険株式会社のプレスリリース
https://www.taiyo-seimei.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:太陽生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)