アフラック、第5回ACAP消費者志向活動表彰「消費者志向活動章」を受賞

難病に苦しむ子どものために
アフラック生命保険株式会社は2月18日、第5回ACAP消費者志向活動表彰において「消費者志向活動章」を受賞したことを発表した。
ACAP消費者志向活動表彰とは、公益社団法人消費者関連専門家会議が主催しており、消費者志向の経営を行っていることや、もしくは消費者志向の観点から称賛するにふさわしい活動を行っていると評価された企業や団体を表彰する制度。
同社は第5回において「アフラックペアレンツハウス」の活動が評価され受賞に至った。
「アフラックペアレンツハウス」は、同社の保険に加入していなくても利用できる施設で、自宅から離れた病院で治療を受ける子どもとその家族を対象に患者本人は無料、家族は1人1泊1,000円で宿泊できる。
現在は東京に亀戸と浅草橋の2か所、大阪に1か所の計3か所に開設しており、2019年6月末時点で利用者はのべ13万人以上にのぼる。
顧客本位の理念で
アフラック生命保険株式会社は、「がんに苦しむ人々を経済的苦難から救いたい」という願いのもと小児がん等の難病と闘う子どもたちとその家族を支援する活動に取り組んでいる。
第5回ACAP消費者志向活動表彰において「消費者志向活動章」を受賞するに至った評価点のひとつ、「アフラックペアレンツハウス」は、会社からの寄付はもちろん、社員、保険販売代理店、一般消費者からの寄付を運営の財源としている。
これは、多岐にわたるステークホルダーとの協働、持続可能性という点で優れた仕組みであると評価された。
同社は受賞を通じ、今後もより多くの顧客に満足してもらえるよう顧客本位の業務運営のさらなる推進に取り組んでいきたいとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
アフラック生命保険株式会社ニュースリリース
https://www.aflac.co.jp/news_pdf/20200218.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アフラック
(記事提供:スーパー・アカデミー)