三井住友海上、新型コロナウイルス感染症を補償する商品の拡大

指定感染症として適用
三井住友海上火災保険株式会社は4月24日、自社で提供している保険商品のうち、新型コロナウイルス感染症を補償する商品を拡大することを発表した。
同社では新型コロナウイルス感染症に罹患した人はもちろん、その関係者にもお見舞いを述べるとともに、世界中で新型コロナウイルス感染症の拡大が深刻化している現状を踏まえて商品改定を決定。販売準備が整い次第、実施予定とのこと。
対象となる契約においては、新型コロナウイルス感染症が指定感染症に指定された2020年2月1日に遡及して適用を予定。また、保険料改定に伴い、保険料の追加請求はないとのこと。
潜伏期間の長さを考慮
三井住友海上火災保険株式会社が補償を拡大した保険商品は、大きくわけて傷害保険と休業損害を補償する保険があげられる。
そのうち傷害保険では、団体総合生活補償保険や学生・こども総合保険のように特定感染症危険補償特約がついているものが対象のひとつとなり、保険金の支払い対象となる。
なお、既に加入済みの顧客が新型コロナウイルス感染症に罹患した場合、加入後10日以内の発病でも保険金の支払い対象となる予定。
あわせて海外旅行保険やネットde保険@とらべるも対象となる。
疾病死亡保険金支払い特約や治療・救援費用補償特約、疾病治療費用補償特約が対象となり、潜伏期間の長い新型コロナウイルス感染症の状況を鑑み、治療開始までの期間を旅行期間終了後72時間以内から30日以内に緩和するとのこと。
(画像は三井住友海上火災保険株式会社ホームページより)


▼外部リンク
三井住友海上火災保険株式会社ニュースリリース
https://www.ms-ins.com/news/fy2020/pdf/0424_1.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井住友海上
(記事提供:スーパー・アカデミー)