チューリッヒ、新卒入社の社員を対象に奨学金返済を支援

長崎オフィスで入社後5年間、毎年10万円を支給

チューリッヒ保険会社(以下「チューリッヒ」)は4月27日、長崎オフィスにおいて2020年度から、奨学金返済支援を開始すると発表した。
チューリッヒは自動車保険や傷害保険を提供し、全国5カ所にオフィスを構えている。長崎オフィスは2015年に開設した4番目のコンタクトセンターで、自動車保険の契約手続きや事故受付、保険金の査定等の業務を行っている。
新設の奨学金返済支援制度は長崎オフィスに新卒入社した社員が対象で、入社後5年間、年度末の3月に毎年10万円を支給する。

長崎の若者の人材育成プロジェクトを支援

長崎県では若年層の人口流出が常態化している。チューリッヒは長崎県内の若者の定着拡大を支援し、県内の大学新卒者の採用を積極的に進めてきた。
2016年には長崎県の「企業版ふるさと納税制度」を利用して、県内企業に就職した若者や県立大学のサポートを目的とした、若者の人材育成支援プロジェクトに寄付。
チューリッヒは今後も雇用や社会貢献活動等のさまざまな形を通じて、長崎県の地方活性化に貢献していく方針だ。
(画像はチューリッヒ公式サイトより)


▼外部リンク
チューリッヒ リリース
https://www.zurich.co.jp/aboutus/news/release/2020/0427/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:チューリッヒ
(記事提供:スーパー・アカデミー)