損保ジャパン、業界初の対話型AIによる災害時の保険受付、実証実験を開始

対話型AIによって保険受付を完結
損害保険ジャパン株式会社は2020年6月26日、NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)と共同で、対話型AIによる、災害時の保険受付の自動化に関する実証実験を開始した。
これは、災害時の電話による保険受付において、NTT Comの「ボイスデジタルトランスフォーメーション」を活用したもので、対話型AIによる受付自動化に関するもの。対話型AIを活用して保険受付を完結するのは、保険業界で初の取り組みとのこと。
オペレーターかAIか、電話をかけた顧客が選択
近年、台風等の大規模自然災害が多発しているが、これらの発災直後には顧客から自己サポートセンターへの電話が一時的に集中するため、顧客を長時間待たせてしまうケースが発生していたことを受け、今回、対話型AIが電話で保険受付手続きを完了する仕組みを開発に至った。
従来のオペレーターによる対応に加えて、対話型AIによる対応が導入されると、コールセンターへ電話した顧客がオペレーターかAIかを選択することになる。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損保ジャパン株式会社のプレスリリース
https://www.sompo-japan.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン
(記事提供:スーパー・アカデミー)