justInCase、「歩くとおトク保険」の販売開始

今月の努力が来月の保険料に反映、健康な生活を後押し

株式会社justInCase(以下「justInCase」)と株式会社justInCase Technologiesは9月1日、歩数とBMIによって保険料が変化する「歩くとおトク保険」を発売した。
近年、健康維持・増進の基本としてウォーキングに取り組む人が多い。ウォーキングアプリ「aruku&(あるくと)」の利用者にたずねると、健康寿命への関心が高く、将来の医療費高騰に不安を感じ、コロナ禍で健康への意識が高まったという。
そんな人々の多くが関心を示した「歩くとおトク保険」は、スマホアプリで毎日の歩数を計測し、BMIは身長と体重の計測値をアプリで提出。日々の健康増進への努力が翌月の保険料に反映され、努力の結果を身近に感じることができる。

「がんばり」を見える化する項目をもっと拡充

日本社会が抱える健康寿命延伸や医療費高騰の問題を解決するために自分でできることは何か。「歩くとおトク保険」はそんな問いに答えるために開発された。
justInCaseのスローガンは「保険をもっと身近に」。同社は今後さらに他の検査値や睡眠・食事等も評価項目に加えていくこと目指すとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
justInCase リリース
https://justincase.jp/news/20200901/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)