日本生命、「日本生命手話通訳リレーサービス」提供開始

手話通訳オペレーターを介して問い合わせできる

日本生命保険株式会社(以下、日本生命)は2021年1月13日より、「日本生命手話通訳リレーサービス」の提供を開始した。
これは、聴覚に障がいのある人が、パソコンやスマートフォンのビデオ通話システムを利用して、株式会社ミライロの手話通訳オペレーターに手話や筆談で用件を伝え、同時通訳を介して日本生命のコールセンターに問い合わせができるというもの。

電話リレーサービス、近年、急速に需要が拡大

国内における電話リレーサービスの利用件数は、約1.3万件だった2013年度から6年後の2019年には約34.9万件と、急速に大幅に増加しており、さまざまな業界で普及が進んでいる
日本生命は2017年3月より、全国にあるニッセイ・ライフプラザにおいて、99店舗中39店舗の窓口に、バリアフリー音響機器「comuoon(コミューン)」を設置するなど顧客の利便性向上に努めている。今回、新たに手話通訳オペレーターを介した電話リレーサービスを導入した。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
日本生命保険相互会社のプレスリリース
https://www.nissay.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)