損保ジャパン、水害の保険金自動算定サービス「SOMPO水災サポート」を提供開始

スマホで撮影した画像を基に概算を算出

損害保険ジャパン株式会社(以下、損保ジャパン)は2021年1月20日、水害のAI保険金自動算出サービス「SOMPO水災サポート」の提供を開始したことを発表した。
これは、AI機械学習の活用において実績を持つシステム開発会社、株式会社イードリーマー(以下、イードリーマー)とサンボジャパンが共同開発したもの。
火災保険の床上浸水による保険金請求の際、顧客がスマートフォンで撮影した被害状況を基に、保険金の概算を算出するサービス。同システムを活用することで、水災被害を受けた顧客に対して速やかに保険金の目安を知らせ、早期に支払うことが可能となる。
LINEを通じて事故連絡、アプリから画像を送信
「SOMPO水災サポート」は、個人用火災総合保険に加入している物件が、床上浸水による被害に遭った場合に利用することができるシステム。
サービスの利用には、まず損保ジャパンのLINE公式アカウントを友だちに追加して、トークルーム内の「LINEで受付」から事故の連絡をする。損保ジャパンが事故の連絡を受け付けた後、被害上に応じて事故担当者から同サービスがチャット上に送信される。
次に「SOMPO水災サポート」のトップ画面で「撮影+保険金自動算出」を選択し、ガイダンスに従って契約内容を入力、被災した家や部屋を浸水高の目安となるペットボトルとともに撮影する。この画像を送信すると、保険金の目安が自動算出され、アプリケーション上で通知を受け取ることができる。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損害保険ジャパン株式会社のプレスリリース
https://www.sompo-japan.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン
(記事提供:スーパー・アカデミー)