アドバンスクリエイト、保険証券管理アプリ「folder」の機能を紹介

ダウンロード数は国内トップクラス!

国内最大級の保険選びサイト「保険市場」を運営するアドバンスクリエイトは3月3日、自社開発し無料配布している保険証券管理アプリ「folder」の主要機能について紹介した。
「folder」は、保険証券をスマホで撮影するだけで、クラウド上で保険証券を管理することができるアプリだ。また、管理するだけでなく、証券分析機能などさまざまな機能もある。
同アプリのダウンロード数は、2021年2月末で43,000件超となり、証券分析機能付きのアプリとしては国内トップクラスを誇っている。
「folder」のさまざまな機能
「folder」への保険証券登録は、証券をスマホで撮影するだけ。煩わしい手入力が不要で、保障内容を簡単に登録することができる。登録した証券情報は家族などと共有することも可能だ。
登録された死亡保険の内容とユーザー情報から保障の過不足を自動で診断。子どもの教育費の算出や、年金のシミュレーションも可能。また、自動車保険証券の撮影と必要情報の入力で、自動車保険一括見積もりの依頼もできる。
さらに、自分の顔を撮影するだけで、AIが年齢にあった月平均保険料を分析。保険相談予約もアプリから可能なため、オンライン保険相談もスムーズにできる。保険相談は、保険特化型のビデオ通話システム「Dynamic OMO」と連携しているため、対面と同等の相談が可能という。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
アドバンスクリエイト プレスリリース
https://www.advancecreate.co.jp/20210303PressRelease.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)