アニコム、「ペットにかける年間支出調査 2020」結果を発表

年間費用、犬は約34万円、猫は約16万円

アニコム損害保険株式会社(以下、アニコム損保)は2021年3月23日、「ペットにかける年間支出調査 2020」の結果を発表した。
これはアニコム損保のペット保険契約者3000名から得た回答から、2020年1年間にペットにかかった年間支出費用集計したもの。
これによると、ペットにかける年間費用は、犬が33万8561円で前年比110.4パーセント、猫では16万4835円で前年比103.9パーセントだった。

犬は大きくなるほどコストが高くなる

犬にかかった年間費用を体の大きさ別に集計したところ、小型犬は32万250円、中型犬で38万3273円、大型犬では47万9020円で、体の大きさに準じて費用が高くなっていることが分かる。
項目別に見ても、「フード・おやつ」にかかった費用は、大型犬では小型犬の3倍近くであり、「しつけ・トレーニング」の費用も大型犬では小型犬の4倍ほどかかっていた。
また犬・猫以外の小動物、うさぎ・鳥・フェレットにかかった費用を見ると、うさぎは8万3612円、鳥が6万2635円、フェレット6万6458円と、うさぎが最も高かった。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
アニコム損害保険株式会社のプレスリリース
https://www.anicom-sompo.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アニコム損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)