カーシェアサービス「Anyca」、キャンピングカーや商用バンなどが登録可に

カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」

株式会社DeNA SOMPO Mobility(以下、DeNA SOMPO Mobility)と損害保険ジャパン株式会社(以下、損保ジャパン)は2021年5月12日、DeNA SOMPO Mobilityが運営するカーシェアサービス「Anyca(エニカ)」において、キャンピングカーや商用バンなどが登録可能になったことを発表した。
それに伴い、「Anyca」においてドライバーへ自家用車(普通・小型・軽四輪)を対象として時間単位形自動車保険を提供している損保ジャパンも、新たにキャンピングカーや商用バンまで対象を拡大し、時間単位形自動車保険の提供を開始した。

コロナ禍の影響で人気の高まるキャンピングカーが

現在、コロナ禍の影響で高まっているキャンプ需要に伴い、人気が集まっているキャンピングカーや、幅広い用途に利用できる商用バンなどがラインナップに加わることになり、ドライバーにとってはニーズに合致した利用が可能となる。
またオーナーにとっても、コロナ禍で利用が減っている商用バンなどを登録することで、車両の維持費を軽減することが期待できる。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
株式会社DeNA SOMPO Mobility、損害保険ジャパン株式会社のプレスリリース
https://www.sompo-japan.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)