アイペット、「ペットの名前ランキング2021」発表

犬・猫のランキング第1位は同じ名前

アイペット損害保険株式会社(以下、アイペット)は2021年5月13日、「ペットの名前ランキング2021」の結果を発表した。
これは、アイペットが2017年度より毎年実施している調査。今回発表されたのは、2020年4月1日から2021年3月31日の間に同社の提供するペット保険に新規加入したペットを対象として、その名前を調査し集計したもの。昨年度の調査に引き続き、うさぎやネズミ、鳥の名前のランキングも発表された。
総合名前ランキングの結果では、犬・猫ともに昨年度は、「むぎ」が初の第1位になった。犬と猫で同じ名前がトップを飾ったのは、調査開始以降初めてとのこと。

キラキラネームも発表

「むぎ」の人気はここ数年で急上昇しているとのことで、犬の「むぎ」は昨年の調査で圏外から初のトップ10入りを果たし、そこから1年でトップの座を獲得した。また猫の「むぎ」も、3連覇中だった「レオ」からトップの座を奪取した。
うさぎ・ネズミ・鳥の名前ランキングでは、うさぎは「きなこ」、ネズミは「おもち」、鳥は「そら」がそれぞれ最も第1位に輝いた。
同調査結果では、このほかに2021年の干支である「ウシ」を使った名前や、東京オリンピック開催にかけて五輪のシンボルカラーを使った名前、さらにいわゆる「キラキラネーム」といわれるようなユニークな名前もピックアップされている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
アイペット損害保険株式会社のプレスリリース
https://www.ipet-ins.com/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アイペット
(記事提供:スーパー・アカデミー)