SBIプリズム、保有契約件数10万件突破

2021年7月時点
SBIプリズム少額短期保険株式会社は7月16日、同社が保有するペット保険の契約件数が10万件を突破したことを発表した。これは2021年7月1日時点でのデータとなる。
同社は2002年に設立された会社で、当初よりペット保険の提供を行ってきた。
2008年以降は市場のニーズや動物の長生きにより拡大する治療費用などを背景に商品の普及につとめ、現在は主力である「プリズムコール」を中心に販売数を伸ばしている。
「プリズムコール」は犬や猫だけでなく、小動物、鳥類、爬虫類などの幅広い動物が加入できるのが特徴的な商品。
また同社では、ペットの「殺処分ゼロ」への取り組みの一環として保護犬や保護猫を対象としたペット保険業界初の譲渡会専用ペット保険「愛情ふるふる保険」も2017年10月より販売している。
SBIグループ入りも後押しに
SBIプリズム少額短期保険株式会社は、2019年6月にSBIグループの一員となっている。
もともと同社はペットショップやブリーダーチャネルを販売の強みとして持っていたが、グループ入りを通じてそれに加えWEBダイレクトチャネルの強化や代理店チャネルの開拓など、グループの総合力やシナジー効果を駆使して成長を加速させた。
同社は今後も顧客利益を最優先する「顧客中心主義」を貫きニーズに応え続けることで評価してもらえるよう、より良い保険商品の提供に取り組んでいきたいとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
SBIプリズム少額短期保険株式会社ニュースリリース
https://www.sbiprism.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:SBIプリズム
(記事提供:スーパー・アカデミー)