MyVoice、「生命保険の加入実態」調査結果を発表

生命保険の加入者は全体の約8割

伊藤忠グループのリサーチ会社、マイボイスコム株式会社(以下、MyVoice)は2021年8月18日、「生命保険の加入実態」に関する調査結果を発表した。
これは、MyVoiceが2021年7月1日から同5日にかけて実施したインターネット調査で、1万0325件の有効回答を集計したもの。MyVoiceは同調査を毎年実施しており、今回で11回目となる。
今回発表された結果から、生命保険の加入者は全体の約8割だった。また、「加入している生命保険会社の中で最も多く保険料を支払っている会社」では、上位から「アフラック」(9.3パーセント)、「県民共済」(8.3パーセント)、「日本生命」(8.0パーセント)だった。

申し込みは「営業職員・保険外交員を通じて」が多数

次に「生命保険の申し込み方法」について複数回答で質問したところ、多かったのは「知り合いや紹介を受けた営業職員、保険外交員を通じて」(33.3パーセント)、「自宅や勤務先に訪問してくる営業職員、保険外交員を通じて」(22.4パーセント)、「勤務先を通じて」(12.4パーセント)という結果だった。
また、「生命保険加入時に、候補として検討した生命保険会社があるかどうか」という質問では、半数を超える56.0パーセントが「主加入会社以外には検討していない」と回答しており、この割合は前回調査(48.6パーセント)、前々回調査(48.6パーセント)と比較して増加している。
候補として検討した会社では、「県民共済」(3.5パーセント)、「アフラック」(3.2パーセント)、「こくみん共済coop(全労済)」(2.8パーセント)、「かんぽ生命」(2.8パーセント)、「日本生命」(2.4パーセント)などが挙げられた。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
マイボイスコム株式会社(PR TIMES)のプレスリリース
https://prtimes.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)