楽天損保、「ホームアシスト」の新規インターネット販売件数がアップ

対前年比2.1倍に
楽天損害保険株式会社は8月20日、同社が販売する住宅向け火災保険「ホームアシスト」の新規販売件数が2021年1月から6月にかけて対前年比で2.1倍となったと発表した。
これはインターネット契約での結果であり、同社が2021年1月に導入した「インターネット割引10パーセント」や、楽天IDを使用したうえでのネット申し込みで保険料支払額の1パーセントが楽天ポイントとして付与されるというシステムも新規契約を後押ししている。
また、同商品は契約する建物の所在地を国土交通省のハザードマップ情報と比べることで、水災リスクが低いほど保険料がお手頃になるため、契約した顧客からは保険料はもちろん、カスタマイズのしやすさや補償内容等が好評で、満足度が高いのが特徴的である。
水災リスクとは
楽天損害保険株式会社が販売する住宅向け火災保険「ホームアシスト」では、水災リスク別料率を導入している。
これはリスクを河川が氾濫するリスクと、マンホールからの雨水あふれといった排水処理能力の超過によるリスクに分け、あわせて国土交通省ハザードマップ上の浸水深と突き合わせることで、建物の所在地ごとに4つの区分を設定しているものである。
これにより、全国一律だった水災保険料が土地のリスクにあわせてよりお手頃となり、補償内容の見直しに役立っている。
同社ではさらなるサービスの向上を通じて顧客が安心して日々の暮らしを送ることができるよう努めていきたいとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
楽天損害保険株式会社ニュースリリース
https://www.rakuten-sonpo.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)