三井住友海上ら、企業火災保険向け「カーボンニュートラルサポート特約」の販売を開始

企業の脱炭素化に向けた取り組みを支援

三井住友海上火災保険株式会社(以下、三井住友海上)およびあいおいニッセイ同和損害保険会社(以下、あいおいニッセイ同和損保)は2021年8月23日、企業向けの火災保険において、「カーボンニュートラルサポート特約(脱炭素化対策費用補償特約)」の販売を開始した。
これは、企業の脱炭素化に向けた取り組みを支援する目的で開発されたもので、被災建物等の復旧時に、新たにCO2排出量削減につながる設備等を採用する際の追加費用を補償する。

脱炭素化対策に要する費用を補償

同特約では、事業所内にある建物や設備などの保険対象に事故が生じ、企業が負担する費用のうち、事故が生じた敷地内で実施する脱炭素化対策に要する費用を、「脱炭素化対策費用保険金」として支払われる。
同特約の対象商品は企業財産包括保険で、販売対象となるのは、エネルギー使用の合理化等に関する法律に定める第一種エネルギー管理指定工場等、または第二種エネルギー管理してい工場等、さらにMS&ADインターリスク総研の「CO2排出量/削減量簡易算定」サービスを受けた事業所等となっている。
(画像はイメージです)


▼外部リンク
三井住友海上火災保険株式会社、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社のプレスリリース
https://www.ms-ins.com/news/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井住友海上
(記事提供:スーパー・アカデミー)