SBI損保・JATTO・DRPが提携、先進安全自動車の電子制御装置整備を全国で可能に

安心の提供と事故対応顧客満足度の向上へ

SBI損害保、日本技能研修機構(以下、JATTO)、DRPネットワーク(以下、DRP)の3社は9月14日、先進安全自動車の電子制御装置整備(エーミング)を全国で行えるよう、ネットワークを構築すると発表した。これにより、顧客への安心の提供と、事故対応満足度の向上を目指す。
日本では、2021年11月以降発売される国産新型車両に衝突被害軽減ブレーキを搭載することが義務化される。
このような電子制御装置は、現在、多くの車両に搭載され始めているため、今後の修理には、適正なエーミングが不可欠となってくる。

損保業界初の取り組み

そこで今回、SBI損保と、エーミングで業界をリードするJATTO、自動車鈑金塗装修理ネットワークのDRPは、SBI損保の顧客の車を迅速・適正にエーミングできるよう、提携することとした。損害保険業界でこのような取り組みが行われるのは業界初という。
3社は今回の取り組みにより、確実な車両整備を提供し、自動車整備業界を健全に発展させるとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
SBI損保・JATTO・DRP プレスリリース
https://www.sbisonpo.co.jp/2021/0914.html
●この記事に関連したニュースカテゴリ:SBI損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)