マニュライフ生命、オンライン面談「らくらく申込」を導入

2022年上半期までに対象商品を拡充

マニュライフ生命は10月11日から、提案から申込手続きまでをオンラインでできるオンライン面談「らくらく申込」を導入した。今回は対象が一部商品となっているが、2022年上半期までに対象商品を順次拡充するとしている。
同社では2020年8月から、相談やコンサルティングにおける面談にマイクロソフトのオンラインツールTeamsを活用していたが、申込書類は郵送で対応していた。
今回導入した「らくらく申込」は、同社の営業職員向けペーパーレス申込システム「POSsible」(ポッシブル)の機能を活用したもので、相談から提案、申込手続きまでの全てをオンライン上で行うことができる。
この「らくらく申込」では、営業職員や代理店の募集人が顧客とブラウザ画面を同期し、同じ画面をリアルタイムで確認することで、入力の支援も行うことができる。
11月からは「LINE WORKS」を導入予定
また同社では11月から、ワークスモバイルジャパンの「LINE WORKS」を導入し、営業職員と顧客がチャットでコミュニケーションをとることができるようにする予定という。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
マニュライフ生命 ニュースリリース
https://www.manulife.co.jp/2021/1011_2.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:マニュライフ生命保険株式会社
(記事提供:スーパー・アカデミー)