損保ジャパンら、「自動運転実装ワンストップサービス」の開発へ

交通に関わる社会課題の解決に向け

株式会社マクニカ(以下、マクニカ)、芙蓉総合リース株式会社および芙蓉オートリース株式会社(以下、芙蓉リースグループ)、損害保険ジャパン株式会社(以下、損保ジャパン)は2021年12月8日、「自動運転実装ワンストップサービス」を共同開発することを発表した。
これは、自動運転車両の活用提案から実装・運用に至るまでを一貫してサポートするサービス。現在日本が抱えている、自動車事故の削減、ドライバー不足への対応、高齢者等の移動手段の確保、CO2削減などの交通に関わる多くの社会課題を解決することを目指して取り組まれる。

自動運転の実装をサポート

自動運転の実装には、自動運転車両の走行に関する高度な専門技術と知識が不可欠であることはもちろん、高額な設備投資が必要となる。さらに、自動運転車両のメンテナンスや搬送の体制を整備することが求められる上、事故発生時の責任関係が複雑であるなどの課題がある。
損保ジャパンは、今回の協業を通じて、導入エリア・走行ルートに対する自動運転リスクアセスメントを提供するほか、自動運転専用保険プランや、ロードアシスタンスサービスなどを提供するとしている。
また、マクニカと芙蓉リースグループ、損保ジャパンは、それぞれが保有する整備工場やレッカー事業者のネットワークを共有し、自動運転サービス向けのメンテナンスサポート体制を構築していくとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
株式会社マクニカ、芙蓉総合リース株式会社、芙蓉オートリース株式会社、損害保険ジャパン株式会社のプレスリリース
https://www.sompo-japan.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン
(記事提供:スーパー・アカデミー)