東京海上日動、置き配保険の販売開始

置き配ニーズをうけて
東京海上日動火災保険株式会社は12月24日、運送事業者向けの置き配保険を販売開始すると発表した。
現在、コロナ禍の影響や新たな生活様式によりネット通販の利用拡大がすすんでいる。それに伴い、非対面・非接触での受け取りとなる「置き配」のニーズも増加している。
しかし置き配で届けられた荷物が盗難や破損の被害に遭う可能性から不安を感じる消費者は少なくなく、自身の不在時には再配達を選択する顧客が依然として多い傾向にある。
また、置き配時のトラブルは責任の所在が不明瞭なものもあり対応が難しいという問題もある。
同社はそのような状況を鑑み、置き配専用のオールリスク保険の販売を通じ、「置き配」の普及・拡大に貢献していきたいとのこと。
再配達削減を目指して
東京海上日動火災保険株式会社が2021年12月に販売開始する運送事業者向けオールリスク置き配保険は、出荷人および消費者のリスクも含めて漏れなく補償を提供する商品である。
すべてのタイミングでの事故を補償しており、受け取り完了まで盗難、水濡れ、破損等を対象に事前に設定した限度額まで実費を補償する。
また、事故が配送中や置き配中といったどのタイミングでの事故か不明なケースについても保険対象となるのが特徴的である。
運送事業者の人手不足や二酸化炭素排出削減の面から、再配達率の抑制は重要な社会課題の一つである。同社は置き配保険の開発および提供を通じ、再配達率の抑制を支援していく。
また、今後は温度管理貨物の置き配保険なども検討し、さまざまなリスクから顧客を守る商品やサービスの開発・提供をすすめていきたいとのこと。
(画像は東京海上日動火災保険株式会社ホームページより)


▼外部リンク
東京海上日動火災保険株式会社ニュースリリース
https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:東京海上日動
(記事提供:スーパー・アカデミー)