損保ジャパン、バーチャル株主総会開催時のリスクに備える保険を提供開始

コインチェックの「Sharely」と連携して提供

損保ジャパンは1月12日、クラウドサービスのシステムダウンにより、バーチャル株主総会を開催できなかった場合のリスクに備える保険を2022年1月から提供すると発表した。
同保険は、コインチェックが提供するバーチャル株主総会運営支援サービス「Sharely」と連携し、「Sharely」を通して提供される。
新型コロナウイルス感染症の拡大により、株主総会のスタイルが、従来の一堂に会するスタイルからバーチャルへと変わりつつある。
上場企業では、昨年6月からバーチャルのみで株主総会を開催することが可能となり、今やバーチャル株主総会は、感染予防や運営コスト削減などの点から推奨される状況となっている。
そこで同社では、この新しいスタイルの株主総会におけるリスクに対応する保険を、「Sharely」を通して提供し、企業のバーチャル株主総会導入を後押しすることとした。

保険の概要

今回の保険では、「Sharely」を利用したバーチャル株主総会が、クラウドシステム障害によって中止・変更された場合の、再開催のための費用や株主への詫びに係る費用を補償する。
バーチャル株主総会は、ハイブリッド出席型とバーチャルオンリー型の両方が対象。また、補償の対象となるのは、株主総会を実施できない状態が、総会開始予定時刻から30分の間に10分以上継続した場合。
(画像は損保ジャパンホームペジより)


▼外部リンク
損保ジャパン・コインチェック ニュースリリース
https://www.sompo-japan.co.jp/20220112_1.pdf?la=ja-JP
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン
(記事提供:スーパー・アカデミー)