楽天生命、医療保険1095αの新特約「入院一時金特約」を販売開始

5日未満の短期入院でも平均10万円以上必要

楽天生命は4月19日、楽天生命医療保険1095αに付加する新特約として「入院一時金特約(払戻金なし)」を発売した。
同特約は、入院時にまとまった一時金を受け取ることができるというもので、日帰り入院から対応している。さらに、退院して60日間を経過した再入院の際にも再び入院一時金を受け取ることができるため、短期入院を繰り返す場合も安心できる。
生命保険文化センターの調査によると、入院の際には、5日未満の短期入院であっても、病院に支払う費用や交通費、入院に必要な日用品の購入費などで平均10万円以上の自己負担額が必要という。15日~30日の入院では、平均28.5万円もかかっている。
このため同社では、入院一時金のニーズに応えるべく、今回の「入院一時金特約」を開発した。

入院一時金特約(払戻金なし)の概要

同特約を付加できるのは、医療保険1095(払戻金なし)。楽天生命医療保険1095αは、楽天生命の対面代理店を通じて販売されている。
入院一時給付金額は5万円単位で5万円~30万円で、通算100回まで支払われる。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
楽天生命 ニュースリリース
https://www.rakuten-life.co.jp/about/news/220419.html
●この記事に関連したニュースカテゴリ:医療保険
(記事提供:スーパー・アカデミー)