損保ジャパン、メタバースの可能性実証に向けてANA NEOと提携

5月13日発表

損害保険ジャパン株式会社(以下、損保ジャパン)は、メタバースにおける新たな保険商品開発やサービスに関する可能性を実証するため、ANA NEO株式会社と提携したと2022年5月13日に発表した。

最大規模のメタバースプロジェクトに参画

メタバースとは、VR(仮想現実)/AR(拡張現実)技術およびブロックチェーン技術基盤で構築された3次元仮想空間にて、アバターによる活動や交流が楽しめる場だ。
ANA NEOでは、ANAマイレージ会員約3,400万人、国際線・国内線搭乗者5,442万人を会員と見据えた最大規模のメタバース「SKY WHALE(仮)」を開発しており、今回、このプロジェクトに損保ジャパンが参画し、保険・リスクマネジメントを中心といた様々なケースに関する検証が実施される。
主な検証項目としては、メタバースにおける「保険商品開発に関する市場性・事業性」「各種取引等に関するリスク実態」「保険や関連事業の適合性」「各種データ分析、有用性」「保険、リスクマネジメント分野以外での事業連携、ビジネス共創」の検証などが行われる。
損保ジャパンとANA NEOは今後、今回の実証実験の結果を踏まえて、メタバースにおける新たな体験価値の提供を通じた新たなライフスタイルの提供に取り組むとした。
(画像は損保ジャパン ホームページより)


▼外部リンク
損保ジャパン プレスリリース
https://www.sompo-japan.co.jp/-/media/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン
(記事提供:スーパー・アカデミー)