あいおいニッセイ同和損保、「第11回日本HRチャレンジ大賞」にて人材育成部門優秀賞を受賞

さまざまな取り組みが評価
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社は6月3日、「第11回日本HRチャレンジ大賞」にて人材育成部門優秀賞を受賞したと発表した。
「日本HRチャレンジ大賞」とは、「人材領域の果敢なチャレンジが日本社会を元気にする」をキャッチフレーズに掲げ、人材領域で優れた新しい取り組みを積極的に行っている企業を表彰するものである。
積極的なチャレンジをする企業を表彰することを通じての日本社会の活性化促進を目的としており、2012年からスタート。今回で11回目となる。
同社は「CSV×DXを通じて顧客や地域、社会の未来を支えつづける」を目指している。
この実現の土台となる、自律的かつ変化に強い人財の育成へ向けた同社の取り組みが評価され、人材育成部門優秀賞の受賞に至った。
自律的に学ぶ社員づくり
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社は人材育成および輩出のためにさまざまなことに取り組んでいる。
具体的には、ポータブルスキルをベースとした社員のキャリア目標設定に向けた対話制度の導入や幅広いメニューを学習できる企業内大学制度の構築、社員の保有スキルを人事異動の参考情報として活用することなどがあげられる。
同社は今後も社員ひとりひとりに求められる役割や知識・スキルを体系化のうえ企業内大学制度をはじめとした学習コンテンツを拡充していくことを通じて自律的かつ変化に強い人財の育成・輩出につなげていくことを予定している。
また、デジタル・グローバルをはじめとする多様な人財を育成することで組織の活性化につなげ、多様な知識・経験・価値観に基づくイノベーションを実現していきたいとのこと。
(画像はあいおいニッセイ同和損害保険株式会社ホームページより)


▼外部リンク
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社ニュースリリース
https://www.aioinissaydowa.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:あいおいニッセイ同和損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)