三井住友海上、JAXAと「宇宙旅行保険事業」に関する共創活動を開始

2022年7月より共創活動を開始

三井住友海上火災保険株式会社(以下、三井住友海上)は、国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)と「宇宙旅行保険事業」に関する共創活動を開始したと2022年7月20日に発表した。

安心な宇宙旅行の実現に向けて

今回、三井住友海上とJAXAは、新たな発想の宇宙関連事業創出を目指す「JAXA 宇宙イノベーションパートナーシップ」の枠組みのもと「宇宙旅行保険の商品開発」と「宇宙旅行マーケット拡大支援」について共創活動を行う。
「宇宙旅行保険の商品開発」では、高度約100kmを目指す小旅行から国際宇宙ステーションに滞在をする滞在旅行まで、さまざまな種類がある宇宙旅行について、それぞれのニーズやリスクを踏まえた宇宙旅行保険の開発に関して共創活動が行われる。
「宇宙旅行マーケット拡大支援」では、宇宙旅行関連事業に参画する企業と連携し、誰でも安心して宇宙に行ける時代に必要となるマーケット拡大を支援するとのことだ。
三井住友海上とJAXAは今後、宇宙旅行時代に適した保険の創出により、安心して宇宙に行ける時代の実現を目指すとした。
(画像はプレスリリースより)
(C)三井住友海上/JAXA


▼外部リンク
三井住友海上 プレスリリース
https://www.ms-ins.com/news/fy2022/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井住友海上
(記事提供:スーパー・アカデミー)