HARTiと三井住友海上、NFTアート専用保険を提供開始

出品アートに無償で付帯

HARTiと三井住友海上は7月26日、NFTマーケットプレイス「HARTi」への出品者向け専用保険の提供を開始すると発表した。
今年4月から「HARTi」を運営するHARTiは、今回の専用保険を出品アートに無償で付帯するとしている。
NFTアートは3~5年以内に世界的な巨大市場を形成すると予想され、デジタルアートマーケットは急激に発展すると期待されている。だが、アートであることから、有形の美術品と同様に盗難や損壊事故も発生すると予想される。
そのため、NFTアートが普及するには、NFTマーケットプレイスの健全な発展と、出品者に安心感を与える保険が不可欠となる。そこで両社は、専用保険の提供を開始することとした。

NFTアート専用保険の概要

今回のNFTアート専用保険の対象は、「HARTi」に出品されたNFTアート全て。同専用保険では、出品されたNFTアートが、不正アクセスにより、所有者アドレスが改ざんされて第三者に移転してしまった場合に、出品者の損害を補償する。
保険料はHARTiが負担し、出品者に補償を無償で提供。補償金額は、作品毎に出品価格を参考値とし、50万円を限度に決定する。
(画像は三井住友海上火災保険株式会社ホームページより)


▼外部リンク
三井住友海上ニュースリリース
https://www.ms-ins.com/news/fy2022/pdf/0726_1.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井住友海上
(記事提供:スーパー・アカデミー)