損保ジャパン、Space BDと宇宙産業発展に向けた包括協力協定を締結

2022年8月3日発表

損害保険ジャパン株式会社(以下、損保ジャパン)は、Space BD株式会社と、宇宙産業の発展を目的とした包括協力協定を締結したと2022年8月3日に発表した。

打上げ失敗時のリスクを軽減

今回、損保ジャパンとSpace BDは、地上では想定できないさまざまなリスクを伴う宇宙活動について、リスクを軽減し宇宙産業の発展に貢献するため包括協力協定を締結した。
包括協力協定の取り組みとしてはじめに、衛星事業者と国際宇宙ステーション利用事業者向けに、打上げ失敗時の再打上げ機会を提供する「リフライト保証制度」を導入した打上げサービスの提供を開始するとのことだ。
「リフライト保証制度」を導入したサービスでは、打上げを失敗してしまった際に「リフライト保証制度」を利用することで再打上げの機会を得ることができ、打上げ希望者はSpace BDが提供する衛星打上げサービスの有償オプショナルプランとして「リフライト保証」を選択できる。
「リフライト保証制度」利用時の再打上げに係る費用については、損保ジャパンの引き受けにより保険化される。
損保ジャパンとSpace BDは今後、連携して宇宙活動のリスクを軽減するソリューションの構築や、新しい保険商品の開発、宇宙関連の新たなビジネス創出に向けて検討を行うとした。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損保ジャパン プレスリリース
https://www.sompo-japan.co.jp/-/media/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン
(記事提供:スーパー・アカデミー)