大阪大学大学院国際公共政策研究科と第一生命、連携協定を締結

ESGインテグレーションを通じ、社会課題の解決を目指す

大阪大学大学院国際公共政策研究科と第一生命保険株式会社(以下、第一生命)は2022年8月8日、連携協定を締結したことを発表した。
これは、産学連携によるESG(Environment:環境、Society:社会、Governance:ガバナンス)インテグレーションを通じた、社会課題の解決を目的したもので、同協定に基づき、大阪大学大学院国際公共政策研究科に設置されているESGインテグレーション研究教育センター(以下、ESG-IREC)と第一生命が共同による研究プロジェクトなどを実施していくとのこと。

ESG投資のさらなる発展につなげるために

星野俊也教授がセンター長を務めるESG-IRECは、国立大学としては初のESGを専門に研究する機関として、持続可能な未来の形成に向けて、企業のビジネス活動における望ましい「ESGインテグレーション」モデルについて、理論と実践の両面から研究・教育社会連携を推進する。
このESG-IRECと機関投資家である第一生命は、同協定を通じてESGインテグレーション高度化に向けた研究や資産運用ポートフォリオのカーボンニュートラルに向けた研究などに取り組んでいく。
(画像はイメージです)


▼外部リンク
大阪大学大学院国際公共政策研究科、第一生命保険株式会社のプレスリリース
https://www.dai-ichi-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)