イーデザイン損保、「私のタントウシャ」がInsurance Asia Awardsを受賞

AIで事故担当者をマッチング
イーデザイン損保は8月15日、AIで事故担当者をマッチングする「私のタントウシャ」が、Insurance Asia Awards 2022にて、“Claims Initiative of the Year -Japan”を受賞したと発表した。
Insurance Asia Awards 2022では、最先端のイノベーションで保険業界にインパクトを与えた商品・サービスなどを展開するアジア諸国の保険会社を表彰している。
今回、受賞した「私のタントウシャ」は、AIを活用し、顧客のコミュニケーションスタイルや事故の内容から顧客にぴったりの事故担当者を選任するというもの。顧客には、約40秒のアンケートに答えてもらい、アンケート結果からコミュニケーションスタイルを推定する。

94.2%の顧客が満足

日常のコミュニケーションにおいても、「話のテンポがなんとなく合わない」や「フィーリングが合わない」などの場合にストレスが生じるが、事故に遭った場合、そのストレスは倍増する。
そこで、事故に遭った顧客の不安やストレスを少しでも軽減しようと、同社の社員が顧客ニーズを起点に同サービスを生み出した。同サービスは94.2%の顧客に満足されているという。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
イーデザイン損保 ニュースリリース
https://www.edsp.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)