チューリッヒ生命、金融教育授業を実施

金融リテラシー向上に貢献
チューリッヒ生命保険株式会社は11月18日、東京都港区の聖心女子学院高等科3年生を対象とした金融教育授業を実施したことを発表した。
これは同社が若い世代の金融リテラシー向上に貢献するために2022年11月14日に実施したもので、同社がこのような高校生を対象とした金融教育授業を実施するのは初めてとなる。
家庭科の授業時間を使い、当日は計99名の生徒を対象に保険の役割や仕組みをわかりやすく解説した。
日本では成人年齢が18歳に引き下げられたことに伴い、2022年度から高校家庭科で金融教育が必修化された。今回の授業はそれを受けて実施されたものである。
持続可能な社会づくりに貢献
チューリッヒ生命保険株式会社が実施した金融教育授業では、同社の金融法人部に属する山下朝徳を講師として行われた。
若い世代が金融・経済・保険に関する正しい知識を身につけ理解を深める機会の一環として、民間保険の役割や仕組み、公的医療保険制度とのかかわり、海外との保険制度の違いなどについて授業が行われた。
また、生徒に積極的に楽しく学んでもらうために工夫を凝らした内容で行われ、生徒からの感想より多くの学びがあった様子がわかった。
同社では人々の金融リテラシーを向上させることで、持続可能な社会づくりに貢献できると考えている。
そのため、今後も金融教育授業をはじめ、ウェルビーイング、ワークサステナビリティなど、さまざまな活動などを通じてSDGsの達成に貢献していきたいとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
チューリッヒ生命保険株式会社ニュースリリース
https://www.zurichlife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:チューリッヒ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)