損保ジャパン、丸紅と使用済み太陽光パネルのリサイクルなどに関する基本合意書を締結

適切なリユース・リサイクル目的

損害保険ジャパン株式会社(以下、損保ジャパン)は、SOMPOリスクマネジメント株式会社、丸紅株式会社と、使用済み太陽光パネルの適切なリユース・リサイクルを目的とした基本合意書を締結したと、2022年11月21日に発表した。

太陽光パネルに瑕疵保証責任保険を提供

今回、損保ジャパンは、使用済み太陽光パネルに対する瑕疵保証責任保険を提供し、使用済み太陽光パネルの適正なリユース・リサイクルに貢献する。
基本合意書の概要としては、丸紅が構築中の情報管理プラットフォームを介して販売予定の使用済み太陽光パネルについて、損保ジャパンが瑕疵保証責任保険を付保するもので、使用済み太陽光パネルは2023年度より販売開始予定だ。
今回の取り組みにより、品質保証が課題であった使用済み太陽光パネルのリユース取り引きについて、安心を提供し取り引きの活性化を図り、適正なリユース・リサイクルを実現することで、原材料の循環利用や、廃棄物の削減を実現するとしている。
損保ジャパン、SOMPOリスクマネジメント、丸紅の3社は今後、今回の基本合意書締結を皮切りとして、社会課題解決に向けて共同で取り組み、循環型社会の形成に貢献するとした。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損保ジャパン プレスリリース
https://www.sompo-japan.co.jp/-/media/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン
(記事提供:スーパー・アカデミー)