損保ジャパン、自動搬送サービス「eve auto」に「自動運転システム提供者専用保険」を提供

自動運転レベル4以上向け「アフターサービスパッケージ」も提供開始

損害保険ジャパン株式会社(以下、損保ジャパン)は、2022年11月30日より本格展開される自動搬送サービス「eve auto」に対し、「自動運転システム提供者専用保険」を提供する。
これに伴い、付帯サービスとなる「自動運転専用の事故トラブル連絡窓口」を本格稼働させるとともに、「AI技術を活用した自動運転デジタルリスクアセスメント」を加え、特定条件下でシステムがすべての運転タスクを実施する、「レベル4」以上の自動運転サービスに向けて、「アフターサービスパッケージ」(以下、ASP)の提供も開始した。

自動運転車の走行と運用に、リスク評価と安全対策で支援

自動搬送サービス「eve auto」は、ヤマハ発動機株式会社と株式会社ティアフォーの合弁会社である、株式会社eve autonomyが運用する事業。
今回新たに提供される、「AI技術を活用した自動運転デジタルリスクアセスメント」は、損保ジャパンが2020年より、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託を受け、名古屋大学・株式会社マップフォー・株式会社Human Dataware Lab.と共同で研究開発を行った技術。
自動運転車の安全な走行や運用を可能とするために、リスク評価と安全対策に関して、導入前から導入後も継続して支援することで事故防止につなげる。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損害保険ジャパン株式会社、名古屋大学、株式会社マップフォー、株式会社Human Dataware Lab.のプレスリリース
https://www.sompo-japan.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン
(記事提供:スーパー・アカデミー)