生命保険 | 人気ランキングで一括資料請求 - 保険市場®
今、人気の学資保険はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険

生命保険とは、死亡や病気、ケガなど予期しない出来事による経済的リスクに備える為の保険です。

生命保険とは?

生命保険とは、ケガや病気、入院・死亡など予期しない出来事による経済的損失を保障するための保険です。

個人保険の新契約件数の推移 2008年度:1,102万件 2009年度:1,217万件 2010年度:1,277万件 2011年度:1,339万件 2012年度:1,489万件 ※転換契約は含まない新契約ベースの数値

生命保険には、保障内容の違いにより様々な種類が存在します。

万が一の場合に死亡を保障する死亡保険、病気やケガ、入院時の負担を保障する医療保険と入院保険、子供の教育資金を準備するための学資保険や自身の老後に備えるための個人年金保険なども生命保険の一種です。

保険会社の再編で生命保険業界が注目される中、2012年度の個人保険(個人で加入する生命保険)の新規契約件数は1,967万件(前年度比 121.3%)、新規契約高(転換による純増加金額を含む)は71兆3,456億円(同108.8%)と更に増加傾向にあります(※参照:社団法人 生命保険協会『生命保険の動向(2013年版)』)。

各種生命保険の特徴と保険料から簡単に比較・相談することができる保険市場で、あなたに合った生命保険を見つけてください。

...続きはこちら▼

種類

死亡保険(生命保険)の基本型は3つの組み合わせ(定期保険・終身保険・養老保険)です。

「死亡保険(生命保険)はいろんな種類があってよくわからない!」と思われがちですが、本当はそれほど難しいものではありません。

大きく分けると実はわずか3つの基本型で説明することができます。その“3つの基本型”とは、定期保険・終身保険・養老保険です。

定期保険

契約期間が定められた死亡保障の保険

定期保険とは、保険の契約期間が、期間や年齢などで契約時に定められた死亡保障の保険のことを指します。

保険期間(5年、10年、60歳、65歳など)に、病気や災害で死亡したり、高度障害になった場合、死亡保険金・高度障害保険金を受け取ることができます。

保険期間が過ぎた場合は、保険の契約が終了したことになり、死亡保障はなくなります。また保険期間が満了となっても掛け捨てとなるため満期保険金はありません。そして定期保険には、保険期間に保険を解約した場合、それまで支払った保険料の一部が戻ってくるもの(解約返戻金あり)と、解約してもそれまで支払った保険料が全く戻ってこないもの(解約返戻金なし)が存在します。解約返戻金なしの保険は、解約返戻金ありの保険に比べ、無理のない負担で死亡保障を得ることができる場合があります。

...続きはこちら▼

終身保険

保険期間が一生涯で、死亡するまで保障が継続される保険

終身保険とは、死亡するまで保障が継続される保険のことを指します。一生涯の保障となるため、定期保険のように満期の概念がなく、満期保険金もありません。一方で定期保険と異なり、保険を解約したときに戻ってくるお金(解約返戻金)が存在します。解約返戻金は、掛け金である保険料の一部が戻ってくるものとなり、基本的に保険の種類や契約のタイプにより、解約返戻金の有無、金額は異なります。

また、保険料のお支払いには、一定期間でお支払いが完了するタイプと、一生涯払い続けるタイプのものが存在します。一定期間でお支払いが完了するタイプの終身保険には、保険料を払い終えたあとに解約すると、解約返戻金がそれまでに支払った保険料を上回る貯蓄性に優れた保険商品も存在します※。

※ただし、保険料払込期間満了前に解約された場合の解約時受取金は払込保険料を下回ることになります。
養老保険

満期時に満期保険金を受け取ることができる貯蓄性に優れた保険

定期保険同様に保険の期間(5年、10年、60歳、65歳など)が、あらかじめ定められた死亡保障の保険で、満期になった場合に満期保険金を受け取ることができる貯蓄性に優れた保険になります。更に養老保険の特徴として、満期までの死亡保険金と、満期時に支払われる満期保険金は同じ金額となり、生死に関わらず保険金を受け取ることができます。なおかつ貯蓄性に優れた保険になるため、定期保険や終身保険よりも保険料は割高となります。

保険料累計金額=定期保険<終身保険<養老保険

解約金累計金額=定期保険<終身保険<養老保険

押さえておきたいポイント

ライフステージの変化や契約更新の際に見直しを行うことが必要です。

必要な保障は加入者の年齢や家族構成などの変化に伴って変化する為、現契約に医療特約や定期保険特約・傷害特約などの特約を中途付加したり、主契約や特約の保障額を減額するなど、加入後もライフステージの変化や契約更新の際に見直しを行うことが必要です。

生命保険によっては、満期保険金や解約返戻金が支払われる保険もあります。契約してから短期間で解約したときには、解約返戻金はまったくないか、あってもごくわずかです。一度解約した保険は元には戻りません。もう一度加入する場合、年齢がアップした分保険料が割高になったり、健康状態によっては新たに契約できない場合もあるので注意が必要です。解約返戻金についての詳しい内容は「ご契約のしおり・約款」などでご確認ください。

...続きはこちら▼

now_loading

Step1カテゴリを選ぶ
Step2年齢を選ぶ
Step3性別を選ぶ

一括比較&資料請求する

シミュレーションスタート

生命保険カテゴリ

死亡保険(生命保険)
死亡保険とは、万が一の場合に死亡保険金等をお受け取りいただける保険です。一定期間を保障する定期タイプや、 一生涯にわたり保障が続く終身タイプがございます。加入当初の保険料の負担を…
⇒続きはこちら
学資保険
学資保険(子供保険)とは、子どもの高校入学時や大学進学時に必要な教育資金を準備するための保険です。学資保険の特徴としては・ご契約期間内に契約者が死亡または、高度障害状態となった…
⇒続きはこちら
医療保険・入院保険
医療保険とは主に入院・手術などの際の経済的負担を保障する保険です。近年では入院が短くなった一方で退院後に通院するリスクも高まっています。 また先進医療など、新しい治療技術も次々と…
⇒続きはこちら
がん保険
「がん」と診断された際に、経済的な備えとなる保険です。 現在がんは必ずしも入院治療ではなく通院での在宅治療が主流となりつつあります。 治療方法も手術から放射線治療・抗がん剤治療・免疫療…
⇒続きはこちら
介護保険
「介護保険」は、所定の状態が一定期間続いた場合等に「一時金」や「年金」等の保障がある保険です。平成12年(2000年)より、 「公的介護保険制度」が導入され、40歳以上の方全員が被保…
⇒続きはこちら
個人年金保険
積立保険とは、貯蓄性を重視したタイプの保険の総称で、個人年金保険が代表的です。 夫婦2人の老後に必要と考える「ゆとりある老後生活費」は毎月36.6万円(生命保険文化センター「生活保障…
⇒続きはこちら

生命保険の構成

生命保険は「主契約」と「特約」の組み合わせによって構成されており、主契約が保険の本体で、特約がそのパーツという形になります。 生命保険の商品は、基本的に主契約に特約を組み合わせる形で販売されていますが、セットで販売されているケースもあります。

主契約 大切なご家族のために 定期保険
養老保険
終身保険
お子さまの未来のために 学資保険
病気・ケガに備えるために 医療保険・入院保険
がん保険
老後のために 介護保険
貯蓄のための保険 個人年金保険
特約 定期保険特約、疾病入院特約、
がん、入院特約、女性疾病入院特約、
リビング・ニーズ特約、
生存給付金付定期保険特約等

この様な構成を、よくご相談されるニーズ・目的に応じて分類しました。

大切なご家族のために

死亡保険(生命保険)
万が一の場合、愛する家族のための生活保障
終身保険(遺族の保障)
保険料は加入時のまま、一生涯の死亡保障
定期保険(遺族の保障)
当初の保険料の負担を比較的抑えた、一定期間つづく死亡保障
収入保障保険
死亡時の保険金を一括ではなく、毎月一定額ずつ受け取る保険

病気・ケガに備えるために

医療保険・入院保険
入院、手術などによる家計負担を補う保険
がん保険
がんと闘うための必要な経済的備えとなる保険
女性保険
女性特有の病気に特に手厚い保障
女性のがん保険
乳がんや子宮がんなどの女性特有のがんを保障
所得補償保険
病気やケガで働けなくなったときに、所得・収入の減少を補償
就業不能保険
入院や自宅療養で就業不能の状態になったときの保障
介護保険
介護が必要となった場合に、一時金や年金を受け取れる保険
三大疾病の保険
がん、急性心筋梗塞、脳卒中の三大疾病によるリスクを保障
定期払型・治療実費型保険
ますます短期化が進む日本の医療環境にフィットした医療保険

貯蓄のための保険

積立保険
貯蓄性が高いタイプの保険
学資保険
子どもの教育資金を準備するための保険
個人年金保険
ゆとりある老後の生活、未来の自分への個人年金
養老保険
満期金としての資金と、万一の死亡・高度障害保障を同時に準備できる保険

お子さまの未来のために

学資保険
子どもの教育資金を準備するための保険
子供保険
子どもの教育資金準備など、子どもの成長をサポートする保険

老後のために

シニア保険
老後に備えるための様々な保険
介護保険
介護が必要となった場合に、一時金や年金を受け取れる保険

健康に不安のある方に

引受基準緩和型保険
既往症がある方を対象に、健康告知の基準を引き下げた保険
無選択型保険
保険料が高めになるものの、健康告知が不要な保険
有病者向け保険
糖尿病やぜんそくなどの持病がある方向けの保険

その他

一時払い保険
保険料を一括で払い込める保険
組立総合保障保険
ニーズにあわせて保障を組み立てることができる総合型の保障保険
Step1カテゴリを選ぶ
Step2年齢を選ぶ
Step3性別を選ぶ

一括比較&資料請求する

シミュレーションスタート

今すぐ相談したい方はこちら

通話無料0120-816-316 平日8時30分~21時 土日祝9時~17時

ピックアップ記事

制度改正!相続・保険・社会保障がみるみるわかる 家計マネー塾

制度改正!相続・保険・社会保障がみるみるわかる
家計マネー塾

2015年の税や社会保障の負担増・給付縮小に、私たちはどう備えるべきか。ファイナンシャルプランナーがやさしく解説します。

一聴一積

一聴一積

豊かな人生を送るためのエッセンスの一つとして、また今まで知り得る機会がなかった分野と出会える一つの場所として、「一聴一積」のコラムへ訪れてみてはいかがですか?

保険について学ぶ

-プロが教える保険選びのポイント-

決める前に知っておきたい

ネット保険カンタン比較

ネット保険国内最大級22社一括見積り

ネットでの相談予約はこちら

店舗での相談予約がインターネットで簡単に出来ます。
お住まいの都道府県とお近くの店舗をお選びください。

▼お電話でのご予約はこちら

【通話料無料、携帯電話OK】
9:00~21:00 (年末年始を除く)

今月のピックアップ商品

  • ちゃんと応える医療保険レディースEVER
  • アクサの「治療保障」のがん保険

ネットでカンタン診断!

ライフプラン診断TOP

2014年版 年間ランキング

2014年版 昨年最も選ばれた生命保険ランキング 今すぐランキングをチェック!

3分でわかる30年先の保障額

保険市場インフォメーション

ページトップへ ▲